インプラントや矯正、虫歯治療を行なう歯科|歯の健康は元気の秘訣!

歯科

特別な治療法

歯

歯科治療を受ける人の多くは、歯に虫歯などの症状が現れた場合に歯科を訪れるものです。歯科での治療では虫歯菌によって溶かされた部位を削り、詰め物などによって改善させるのが主な流れとなります。しかし一度虫歯に掛かった歯というものは溶かされた部位、または削られた部位が再生する事はほとんどないので、度重なる治療によって歯の形状が著しく損壊し、かみ合わせが悪くなってしまう場合もあるのです。そこで、豊中市の歯科クリニックではセラミック製の人工歯をかぶせることで、歯の見た目とかみ合わせの改善を行います。問題となる形状が悪くなった歯の神経を取り除き、セラミック製の人工歯の土台とするため歯を削ります。削った歯の上から人工歯をセットすることで、見た目もよく機能性も高いセラミック歯を利用することができるでしょう。豊中市の歯科クリニックで受けられるこうした施術は、歯の欠損や重症の虫歯などに適用され、見た目を通常の歯へと変えることができます。セラミック製の歯は天然の歯と見た目にも遜色はなく、白く美しい歯をすぐに手に入れることができることから、多くの人に利用されています。

豊中市の歯科クリニックでは、他にも歯茎の見た目を改善させられる施術が受けられます。メラニンの色素沈着により、歯茎が黒ずんでしまっている人も多くいます。通常の歯磨きなどでは対応ができない歯茎の問題ですが、豊中市の歯科クリニックでは医療用のレーザーを使用して改善させてくれます。エルビウムヤグレーザーと呼ばれる医療レーザーを使用することで、歯茎にあるメラニン色素を分解し、自然なピンク色の歯茎に戻すことができるのです。何度か歯科クリニックへ通うことで、徐々に色素を分解させることができるので、治療のために根気よく通院しましょう。